トピックス

店主挨拶

古美術品はその美しさもさることながら、そのモノが醸し出す“時代の香り”のような不思議な魅力があります。また、それを手にとり、眺め、あるいは実際に使ってみることによって、長い年代を隔てた先人達と時間(とき)を共有することが出来る……そんな喜びさえ感じるのです。

自分も根っからの骨董ファンですから、気に入った品物は商売に反して、少しでも手元に置いておきたいと思ってしまいます。しかしながら、そういうものほど私の所から早く去っていきます。そんな時は寂しい気持ちが先に立ちますが、好きな人に使ってもらえると思うとその品物も幸せだろうと考えるのです。

そんな楽しみを一人でも多くのお客様と共有させて頂きたいと思いつつ、日々を過ごしております。