遠州流八代家元 小堀宗中 一行書「松無古今色」 小堀宗通箱書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 458,000 税込

商品番号: s-1448

数量
作者 小堀宗中 遠州流八代家元
(1786年(天明6)〜1867年(慶応3))
本名は梅之助のち政優、字は大膳、号は和翁、大建庵 中興の祖
寸法 本紙:横27 縦78.8
総丈:横30 縦172.5
付属品 箱 小堀宗通箱書
小堀遠州流15代家元(平成11年 87才没)
店主より一言 「松無古今色」」(まつにここんのいろなし)

「松に古今の色無し、竹に上下の節有り」というのが、全句です。
松は季節の変化に関わらず、常に緑の葉におおわれている。まわりに惑わされることなく、変わらざる心で生きたいものである。竹には上下の節がある。それぞれの立場をわきまえてこそ、秩序も保たれる。私心を捨てて、互いに助け合っていきたいものであるという意です。
表具は僅かな折れはございますが一文字・龍金襴 中回・卍金襴 上下・しけ 軸先・象牙の良い表具です。