蔦金輪寺茶器 溜漆仕上 黒田辰秋(作) 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 468,000 税込

商品番号: c-2420

数量
作者 黒田辰秋
(くろだ たつあき、1904年(明治37)〜1982年(昭和57))
京都の漆職人黒田亀吉の子として生まれる。

父の工房にて木・漆工芸の技法を習得。
しかし木工部門と漆塗部門の分業製作に疑問を抱き木工による造形から漆による塗作業までを一貫した制作を開始。
柳宗悦などの民芸運動に共感を受けて、1929年に上賀茂民芸協団を組織。
1934年に初個展を開催。
日本民芸展、国画会展、日本伝統工芸展などで作品発表。
1970年、木工芸で重要 無形文化財(人間国宝)の認定を受けている。
寸法 口径:7.3 上蓋の径:8.3
上蓋までの高さ:8.5
付属品 共箱
店主より一言 蔦材を使用して製作した金輪寺型茶器です。現在ではこれだけの大きさが作れる蔦材の入手が困難です。
一見して解る黒田辰秋独特の金輪寺型フォルムに溜漆を塗り全行程を一人で仕上げた堂々として雅味ある作品です。
透けて見える木目は複雑で美しいですね。
キズ欠点なく良い状態です。