武井武雄(作)刊本作品No.1 「十二支絵本 」 昭和10年発行 200部限定 見開き12図 極美品

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 580,000 税込

商品番号: a9805

関連カテゴリ

  1. 稀覯本・古書
数量
作者 武井武雄
1894年 長野県平野村(現岡谷市)西堀の裕福な地主の家に生まれる
1913年 長野県立諏訪中学校(現長野県諏訪清陵高等学校)卒業
1919年 東京美術学校(現東京芸術大学)西洋画科卒業
1922年 東京社が創刊した絵雑誌『コドモノクニ』創刊号のタイトル文字及び表紙絵を担当、その後絵画部門の責任者(絵画主任)となる
1923年 処女童話集『お伽の卵』出版
1925年 初の個展を開催。このときに用いられた「童画」という言葉がのちに定着する
1927年 岡本帰一、清水良雄、深沢省三、川上四郎、初山滋、村山知義とともに日本童画家協会を結成
1929年 自ら創案した新作の玩具・小手工芸品「イルフ・トイス」展を開催
1935年 「刊本作品」の制作を始める
1944年 恩地孝四郎の推薦で日本版画協会会員となる
1946年 日本童画会結成。会員となる。文化団体「双燈社」を起こす
1959年 紫綬褒章受章
1967年 勲四等旭日小綬章受章
1983年 死去
寸法 幅:横12.2 縦12.2 厚さ:5
付属品 なし
店主より一言 武井武雄(作)刊本作品No.1
「十二支絵本 」
昭和10年発行です。
武井武雄刊本作品の記念すべき第1冊目
この刊本作品1番目、十二支絵本は、 当時「新宿三越」で開催
された、武井武雄氏主催のテーマ別年次展覧会(動物の展覧会)で賛助出品として領布されたものです。
非売品で 発行部数も少なく、非常に貴重な作品です。
昭和10年5月1日印刷
昭和10年5月5日発行
西川藤太郎・印刷者
非売品
保存状態良好、極美品