團家旧蔵 古伊万里(柿右衛門様式)色絵人物文香炉 元禄時代頃 小堀宗慶箱書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 458,000 税込

商品番号: c-2553

数量
箱書 遠州流十二代家元 小堀宗慶
大正12年(1923)ー平成23年


團 琢磨(だん たくま 安政5年(1858年) - 1932年(昭和7年))は、日本の工学者、実業家。爵位は男爵。アメリカで鉱山学を学び、三井三池炭鉱の経営を行う。経営を成功させ、三井財閥の総帥となった。
時代 元禄時代頃
寸法 口径:縦9 横:12
幅:縦12.2 横:15.3
横の高さ:9
上蓋を含む高さ:11.5
付属品 銀火屋 二重箱
店主より一言 元禄時代頃に伊万里地方で焼かれた柿右衛門様式の香炉です。
濁手の肌に色絵、染付で繊細に人物、柳、草花文等
それぞれ景色の変わった図柄の楽しい逸品です。
火屋も現代では製作が難しい技法になっております。
團家旧蔵で小堀宗慶箱書です。