鳩杖香炉 城山窯 三井高棟箱書 永楽即全(作) 昭和11年春 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 328,000 税込

商品番号: c-2632

数量
作者 十六代 永楽善五郎(即全)
1917年(大正6)〜1998年(平成10)、京都市生。
昭和9年、千家十職 永楽家の十六代善五郎を襲名。神奈川県大磯に城山窯を築窯し、京都と往復し作陶。
京都伝統陶芸協会初代会長。
千家十職による千松会や十備会に出品、茶陶界において精力的に活動。
寸法 幅:縦11.5 横15
最大高さ:13.5
付属品 共箱
三井高棟箱書
三井高棟 (みつい たかみね、安政4年(1857年) - 昭和23年(1948年))
明治18年家督を相続し三井家第十代当主となり十五代八郎右衛門を襲名。三井家同族会議長を経て三井合名会社初代社長に就任。
店主より一言 三井高棟が宮中から鳩杖を賜った記念に製作した貴重な香炉です。
鳩杖は80歳以上の功臣に宮中から下賜された杖で、鳩は食する時にむせ ない鳥であるとし、これにあやかるため、老人用の杖の握りの部分に鳩の形をつけた ものです。
紫交趾の八角の香炉です。蓋に鳩と杖をデザインし日月の透かしを施し、胴には金彩の桐紋が散らされ底に城山と丸印が入っております。
未使用でキズ欠点なく良い状態です。