遠州流宗家 八代 小堀宗中(筆)「松」常盤なる・・和歌入り

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 388,000 税込

商品番号: s-1479

数量
作者 小堀宗中 遠州流八代家元
(1786年(天明6)〜1867年(慶応3))
本名は梅之助のち政優、字は大膳、号は和翁、大建庵 中興の祖
寸法 本紙(絹本):横54 縦36
総丈:横65 縦118
付属品 時代箱 紙タトウ
店主より一言 絹本に揮毫された作品です。 「 松」は木を公の上に書いております。
歌は「常盤なる 松の緑も 春来れば 今一入(ひとしお)の 色まさりけり」古今集・巻第一・春上・二四
表具は虫食いによる穴が所々ございますが宗中と同時代の江戸末の製作で一文字、桐文金襴 中回し、桐文金襴 上下、花文緞子の時代の上等な裂地を使用しております。