江戸後期 ギヤマン 義山 ガラス 切子鉢

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 188,000 税込

商品番号: t-1249

数量
寸法 幅:縦横15cm 高さ:8.3cm
付属品 桐箱
店主より一言 江戸時代後期〜明治頃にオランダやポルトガルなどのヨーロッパ製のガラス器が日本に伝来し、「義山/ギヤマン」という名で珍重されたお品です。
鉛ガラスを使用した重厚な器には、緻密な切子(カット)が側面だけでなく底面にまで入念に施されております。
光を通すと、うっすらとした紫色が美しい輝きを放ち、風情と涼味を感じさせます。
当時の職人によって、実に丁寧に仕上げられた逸品です。
キズや欠点なく良い状態です。