色絵羽子板 香合 川瀬満之(作) 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 33,000 税込

商品番号: c-2796

関連カテゴリ

  1. 茶道具
  1. 茶道具
  2. 香合
数量
作者 川瀬満之
(かわせ みつゆき、1933年(昭和8)~(現在))
京都出身
初代川瀬竹春の次男として生まれ、兄に2代竹春を持つ。
父の下で修行を重ねて、1951年に五条坂に築窯、独立。
以降、個展や「川瀬竹春展」などに積極的に出品各地のギャラリー、百貨店など活躍を続ける。
日本伝統工芸展にも出品を重ねて、1968年に日本工芸会正会員に推挙される。

作品では染付、赤絵、金襴手といった、初代竹春譲りの作域から独自の青釉、黄釉を用いた創作陶器まで幅広く手掛け花瓶、茶碗、食器、鉢などを製作。
寸法 幅:縦11.8cm 横3.8cm 厚さ:1.8cm
付属品 共箱 共布 しおり
店主より一言 羽子板の四方に色絵と上等な金を使用して竹と梅を描いております。
底に「満之」と描き銘が入っております。
未使用でキズ欠点なく良い状態です。