軸装画賛 郭公之絵 狩野探信斎筆 沢庵秀歌 小堀宗中書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 350,000 税込

商品番号: s-1557

数量
作者 画:
狩野探信斎
江戸後期の画家。狩野守邦の長男。名は守道、別号に興斎。狩野守邦の息。鍛冶橋狩野家第七代。
二世探信守政と区別するため「守道探信」と呼ばれる。幕府絵師として法眼に叙せられ、名手として世に聞こえた。
天保6年(1835)歿、51才。

書:
小堀宗中 遠州流八代家元
(1786年(天明6)~1867年(慶応3))
本名は梅之助のち政優、字は大膳、号は和翁、大建庵 中興の祖
寸法 本紙:横28.2cm 縦77.5cm
総丈:横31cm 縦161.5cm
付属品 桐箱
店主より一言 狩野探信斎が見事な郭公を描き小堀宗中が沢庵の歌を書いております。
和歌は「老いらくの耳には疎き郭公おもい出るやはつ音なるらん・沢庵和尚秀歌と人のかたり伝し 宗中」
表具も古い時代で良い裂地を使用して製作されており良い状態です。