維摩居士像 絹本彩色 吉川霊華(画)

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 88,000 税込

商品番号: a9957

数量
作者 吉川霊華
(きっかわ れいか、明治8年(1875年)-昭和4年(1929年))
東京湯島生まれ。本名準。父は儒者。
初め浮世絵,次いで狩野派を学んだのち,明治25(1892)年から松原佐久に有職故実,山名貫義に住吉派を学ぶ。36年烏合会,歴史風俗画会に参加,歴史画研究にも励んだが,幕末の復古大和絵の画家冷泉為恭に深く私淑。
寸法 本紙(絹本):横42㎝ 縦110.5㎝
総丈:横56.8㎝ 縦211㎝
付属品 箱 真筆保証書
商品説明 維摩居士は古代インドの商人で、釈迦の在家の弟子(居士とは在家の弟子のこと)。維摩経に登場する中心人物で、説話の為に理想的人間像として創造された在家の信者

表具は一文字・花唐草金襴 中回し・丸紋入り花唐草金襴 上下・雲紋入り 軸先・牙の上等な表具です。
僅かに巻きしわがございますがおおむね良い状態です。