芦葉棗 尾州家伝来朱を以て 好 二十一の内 三井泰山在判箱書 又斎(作)

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 288,000 税込

商品番号: c-2920

関連カテゴリ

  1. 茶道具
  1. 茶道具
  2. 茶器(棗)
数量
作者 三代 中村又斎 昭和十八年に製作

箱書:三井泰山
(高泰1875-1946)
明治-昭和時代の実業家。
明治8年生まれ。三井永坂町家8代。
大正10年三井物産社長となり,昭和8年退任。のち三井鉱山取締役。
遠州流の茶人として知られた。
昭和21年死去。72歳。東京出身。
通称は守之助。号は泰山。

寸法 口径:5.2cm 胴径:6.3cm 高さ:6.7cm
付属品 共箱
商品説明 三井泰山が好んで昭和十八年に製作した二十一個の中の1点です。
銘の芦葉は形が達磨大師に似ているのと朱が使用されていることからです。
外側のかきあわせ塗りの朱は尾張徳川家伝来の朱を使用しております。
内側は真塗りで蓋裏に泰山の花押が書かれております
桐箱も同じ板目を使用して製作した上等な桐箱です。
棗はほとんど使用してなくとても良い状態です。