備前焼茶碗 金重陶陽(作) 即中斎箱書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 450,000 税込

商品番号: c-2781

関連カテゴリ

  1. 現代工芸
  1. 茶道具
  1. 茶道具
  2. 茶碗
数量
作者 金重 陶陽
(かねしげ とうよう、1896年(明治29年) - 1967年(昭和42年))
岡山県出身の陶芸家。備前焼の陶工として初めて人間国宝
「備前焼中興の祖」と称される。
自らが優れた陶工であっただけでなく、多くの弟子を育て、その中から次々と人間国宝を輩出するなど備前焼の歴史上果たした功績は計り知れない
寸法 径:14.3cm 高さ:8.5cm
付属品 即中斎箱書 表千家十三代家元 即中斎宗匠
明治34年ー昭和54年
店主より一言 堂々とした大振りの茶碗です。内側は火襷が走り、外側は胡麻と明るい土色の対比が見事です。
内側には石喰いも見られ景色となっております。高台内に「ト」の陶印が描かれております。
共箱ではございませんが即中斎宗匠の箱書きが備わっております。