遠州流八代 小堀宗中筆 「梅雨」いしかわや・・歌入り 小堀宗通箱書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 330,000 税込

商品番号: s-1169

数量
作者 遠州流宗家八代 小堀宗中
寸法 本紙(紙本):横56.7cm 縦28.8
総丈:横60.6cm 縦111cm
付属品 小堀遠州流十五代家元 小堀宗通箱書
店主より一言 和歌は「 いし河や せみの小川の 清き瀬も 水音たかし 五月雨の頃」 宗中詠之書之
宗中これを詠み、これを書くと書いてありますので。宗中の自詠の歌です。
意味は、賀茂神社がある石川の瀬見の小川の清き瀬も五月雨の梅雨の頃は流れが多く水音も高くなりますね
石川や瀬見の小川=賀茂川の異名。
表具は上下が揉み紙で中回しはシケで時代の表具です。