井戸手茶碗 大磯 城山窯にて竹春(造) 即中斎書付

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 338,000 税込

商品番号: c-1913

関連カテゴリ

  1. 茶道具
  1. 茶道具
  2. 茶碗
数量
作者 初代 川瀬竹春
(かわせ ちくしゅん、1894年(明治27)〜1983(昭和58))
京都で三浦竹泉に染付、赤絵などの技法を指示した後、地元岐阜に戻り窯を築く。
また、独自に古染付、天啓赤絵、祥瑞など中国明時代の磁器を研究し、その模倣に取り組み緻密な図案描写を得意とした。
1949年より神奈川県大磯に移窯。
1966年紫綬褒章、70年勲四等瑞宝章など。
書付 表千家十三代家元
即中斎宗匠
明治34年ー昭和54年
寸法 径:17cm 高さ:6.7
付属品 共箱 外箱 御物袋
店主より一言 名工、初代 川瀬竹春が三井家大磯の城山窯にて 昭和辛卯(昭和26年)に製作した井戸手の茶碗です。大振りで平茶碗に近く、高台が締まりかいらぎの美しい茶碗です。
箱は虫食い跡が多々ありますが茶碗は殆ど使用してなく良い状態です。
昭和辛卯は昭和26年です。