古伊万里金彩色絵 獅子 松竹梅に鶴に兎文 沈香壷 江戸時代 元禄頃

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 350,000 税込

商品番号: t-1016

関連カテゴリ

  1. 古陶磁器
数量
時代 江戸時代 元禄頃
寸法 幅:42.3cm 高さ:6.5cm
付属品 桐箱
店主より一言 江戸時代 元禄頃に焼かれた伊万里焼です。
沈香壷とは海外への輸出用として盛んに生産され、好まれた一品で随所に日本特有の絵付けが施されている。
色絵、金彩を駆使して描かれた松竹梅、大きく描かれた鶴、窓絵の中に兎と白磁生地が見えないほど描きこまれている。
また普段あまり使われない黒釉、口の立ち上がりに使われている朱と緑釉は胴に描かれている絵付けと色が異なっており見所の一つです。
摘みに装飾されている玉取獅子は時代によって金彩ははがれているものの、キズ等なく迫力ある素晴らしい出来になっております。

高台内に焼成時によってできた磁貫、口に窯キズ等ございますがその他キズ等なく美品になります。