東大寺別当・管長 清水公照 一行書 「白雲自去来」共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 48,000 税込

商品番号: s-1553

数量
作者 清水公照
1911年 - 1999年 第207世、第208世東大寺別当、華厳宗管長
昭和の大仏殿大修理を成し遂げるとともに、書画や泥仏をはじめとする陶芸作品の方でも著名
寸法 本紙:横33.5cm 縦138.5cm
総丈:横42.5cm 縦198cm
付属品 共箱 タトウ
商品説明 「白雲自去来」禅林句集』 にある五言対句 「青山元不動。白雲自去來。」
(青山もと不動。白雲自ら去来す。)の一句で、白雲は妄想や煩悩などの例えで、雲が次から次へと湧き起こり去来しても、山は元の姿のままそこにあるように、人間は本来の仏性があり、これに気づくなら煩悩や妄想の雲に惑わされることはないとのこと
ごく薄くシミが出ておりますが目立たなく折れもございません。