三友棚 茶平一斎(作) 共箱 未使用

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 88,000 税込

商品番号: c-3013

関連カテゴリ

  1. 茶道具
  1. 茶道具
数量
作者 茶平一斎 輪島の名工
寸法 上:径:38.5cm 底幅:縦横38.5cm
高さ:53cm
付属品 共箱
商品説明 三友棚(さんゆうだな)は、地板が四方、天板が丸で、竹の二本柱の小棚で、明治初年に大徳寺471世牧宗宗壽和尚が三千家の融和の為として大徳寺境内の松と竹を提供して作らせた棚で、表千家碌々斎は松の天板と地板に摺漆、裏千家又 玅斎は竹の二本柱、武者小路千家一指斎は天板の木口に「溢梅蒔絵」(こぼれうめまきえ)をそれぞれに好み、松竹梅を表して三千家の末永い友好を表し、これに牧宗和尚が「三友」の銘をつた。
上等な一枚板を使用して本漆で製作した棚で見事な梅蒔絵が施されております。
30~40年ほど前の品ですが未使用でキズ欠点なく良い状態です。