法隆寺天平古材 伎楽面五種刻 炉縁 市川鉄琅(作) 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 268,000 税込

商品番号: c-3043

関連カテゴリ

  1. 茶道具
  1. 茶道具
  2. 炉縁
数量
作者 市川鉄琅
彫刻家。東京生。本名は虎蔵。師・加納鉄哉が復活させた鉄筆彫刻の最後の継承者。
金属茶道具に鉄筆の自由な筆致で花鳥風月を描き、絵画と彫刻を結ぶ技法と評価される。
昭和62年(1987)85才没。
寸法 幅:縦横42.5cm 高さ:6.8cm
付属品 共箱
商品説明 大変貴重な法隆寺天平古材を使用して製作した炉縁に名工、市川鉄琅が伎楽面を五種類(かるら・呉女・酔胡従・酔胡王・太孤児 )彫り彩色して仕上げております。
侘びた中にも悠久の歴史を感じます。
外側の側面に法隆寺と鉄琅の焼印が押されております。
炉縁の底の角に1か所そげがございますが炉壇に入っているときは見えません。