淡々斎好 重扇 腰風炉先 鵬雲斎在判箱書 指物師 萩井好斎(作) 京間用

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 338,000 税込

商品番号: c-3096

関連カテゴリ

  1. 茶道具
  1. 茶道具
  2. 風炉先
数量
作者 初代 萩井好斎
(はぎい こうさい)
大阪の指物師。初代好斎 〜昭和48年(1973)

二代芦田真阿(指真)に入門。茶の湯専門の指物師 木遊軒を名乗る。昭和32年(1957)淡々斎に好斎の号をもらい裏千家の職方となる。
寸法 幅:92.8cm
高:73cm
付属品 共箱
箱書 鵬雲斎在判、箱書
裏千家十五代家元
鵬雲斎宗室(玄室大宗匠)
商品説明 淡々斎宗匠お好みの桐の重ね扇、腰風炉先屏風で京間用になります。
腰に上等な一枚板の桐材の三つの重ね扇形に配され豪華な金砂子が蒔かれております。
脇に鵬雲斎宗匠の在判と花押が書かれており極め板が備わっております。
縁は本桑縁で上等な金具が使用されております。
組み立て式ですので箱も小さく収納に便利です。
しみキズ欠点なくとても良い状態です。