姥口丸釜(利休丸釜) 利休時代善正(作) 四代 名越浄味箱書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 380,000 税込

商品番号: c-3101

関連カテゴリ

  1. 茶道具
  1. 茶道具
数量
作者 名越 善正
(なごし ぜんせい、元和5年(1619年頃)没)
安土桃山時代から江戸時代初期の京都三条釜座の釜師で徳川家康の釜師といわれます。
名越浄祐の子で、名越家の11代当主。通称、弥七郎。
名越家は、十一代善正の長男三昌が京名越家の初代となり、次男家昌が江戸名越家の初代。
寸法 口径:9.3cm 胴径:24.8cm
高さ:22.5cm(上蓋ツマミ含む)
釜かん:径:8cm
付属品 時代箱
四代 名越三典浄味折り紙(元禄三年霜月九日)
商品説明 姥口で口が小さく鐶付は鬼面です。
折紙には利休時代善正と四代三典浄味が極めております。