中興名物 伊予簾茶入写し 笹田有祥作 牙蓋 仕覆2 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 38,000 税込

商品番号: c-3191

関連カテゴリ

  1. 茶道具
  1. 茶道具
  2. 茶入
数量
作者 笹田有祥
昭和27年京都生まれ。京都府立陶工訓練校卒業。
京都市工業試験場・陶磁器技能者養成所卒業。 韓国へ高麗青磁研修。 登り窯にて唐物茶入の写しを中心に作陶活動を始める。
第2回陶芸展、京展等他入選受賞。
寸法 口径:2.8cm 胴径:5.7cm 高さ:7cm(上蓋ツマミ含む)
付属品 共箱 紙箱 象牙蓋
仕覆(花兎金襴・伊予簾) しおり
商品説明 本歌は、小堀遠州が所持し、編笠に似た姿や黒釉のもの悲しい風情から、恵慶(えぎょう)法師の和歌
「逢ふことはまばらに編める伊予簾
いよいよ我をわびさするかな」から命銘したものです。
形は端正な尻膨、大きさも小振りな愛らしい茶入です。黒釉の中に、銀色の斑紋があり、胴の辺りには轆轤目が巡っています。名物の唐物茶入や古瀬戸茶入の再現に熟達した作家による、丁寧な作風の茶入です。
畳付脇に「有祥」の陶印が捺されています。
未使用でキズ欠点なく良い状態です。