高取管耳水指 亀井楽山(作) 表恵誂え蓋付 共箱 鵬雲斎箱書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 178,000 税込

商品番号: c-3192

関連カテゴリ

  1. 茶道具
  1. 茶道具
  2. 水指
数量
作者 亀井楽山
(かめい らくざん、1945年(昭和20)~(現在))
福岡県出身。本名は亀井 弘

高取焼本窯の14代亀井味楽の弟として生まれる。
16歳の頃より兄の下で作陶修行を始め、兄の補佐を行う傍ら、自身の作品を制作。
翌、1962年より福岡県美術展に出品を重ね、同年の初入選以降毎回入選を重ね、64年には佳作賞、72年には福岡県市長賞、75年には知事賞などを受賞。
また、77年より同展審査員を歴任。この間64年より西部工芸展にも毎回出品・入選を重ねている。
他、80年より日本伝統工芸展、西日本陶芸展、毎日陶芸展などにも入選を重ねており、87年に日本工芸会正会員に認定。
90年には兄の陶房から分家して独立、93年には第1回ポールアンビュー賞に選出されている。

作風は、伝統の高取焼の陶土や釉薬を基本としながらも、独自のユニークな造形により、現代風の茶陶を中心に制作。
寸法 口径:縦15.2cm 横15cm 高さ:17cm
付属品 共箱 誂蓋(木村表恵)
鵬雲斎箱書 裏千家十五代家元 鵬雲斎宗室(玄室大宗匠)
商品説明 細かな轆轤目を見せ前を押し、管耳が付き釉薬が二重に掛った高取焼の水指です。
誂え蓋は木村表恵作で蓋裏に銘が入っております。
底に高の丸印と楽山の印が押されております。
未使用でキズ欠点なく良い状態です。
茶道具やましたさん販売品です。