南京赤絵写し 仙人と松竹梅図向付 八田円斎(作) 9客 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 280,000 税込

商品番号: t-1339

関連カテゴリ

  1. 懐石道具
  1. 懐石道具
  2. 向付
数量
作者 八田円斎
陶芸家・古美術商。石川生。
東京に出て古美術商として独立後、高橋箒庵を通じて、戸越銀座の藤井長作の窯を受け継ぎ、八田窯を開く。
裏千家13代円能斎の「円」の一字を賜り、「円斎」と号した。井上馨・益田鈍翁らと交流。
昭和11年(1936)、73才没。
寸法 径:11.7cm 高さ:6.3cm
付属品 共箱
商品説明 八田円斎作の南京赤絵写しの仙人向付9客です。
口が八角で捻りが入り見込みに花、外側にひょうひょうと踊っている仙人図と松竹梅の文様が色絵で描かれております。今仁清と言われただけあり八田円斎の作品は時として本家に紛れている品もございます。