ガラス茶入 クレマチス文 新倉晴比古(作) 仕服 象牙蓋 桐箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

商品番号: c-3222

関連カテゴリ

  1. 現代工芸
  1. 茶道具
  1. 茶道具
  2. 茶入
作者 新倉晴比古
1954年神奈川県に生まれる。
1979年多摩美術大学立体デザイン科卒業。
1983年富山県立近代美術館主催『第二回現代芸術祭』に招待出展。
1999年『’99日本のガラス展』会員部門賞受賞。

所属―奈良ガラス工房(有限会社パル)代表取締役、日本ガラス工芸協会会員、奈良市美術家協会会員・奈良県工芸協会会員、(協同組合)京都クラフトセンター理事
寸法 口径:3.2cm 胴径:6.2cm 高さ:9.8cm
付属品 仕服 象牙蓋 桐箱
商品説明 ガラスの名工 新倉晴比古 ガラス茶入でございます。
ガレと同じ技法の酸化腐食彫りでうっすらと紫がかった上品なクレマチスがデザインされております。
ひとときの涼をお愉しみいただけます。
底面には「晴」のサインがございます。
キズ欠点なく良い状態です。