棟方 志功(作) 一行書 「乾坤一草堂」 鑑定委員会シール付

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 788,000 税込

商品番号: s-1636

数量
作者 棟方 志功
1903年(明治36年)- 1975年(昭和50年))
日本人の板画家。青森県出身。
20世紀の美術を代表する世界的巨匠の一人。

洋画を独学し、帝展に入選するが、古川龍生・川上澄生の影響で木版画を志す。
柳宗悦・河井寛次郎・浜田庄司ら日本民芸派の知遇を受けて制作上の転機をむかえ、宗教的主題の多くの傑作を生み出す。
また文字自体を画面に導入し絵と文字を同次元の造型性に融合・統合させた独特の「板画」を確立。
国際展最高賞・朝日文化賞受賞。文化功労者。
文化勲章受章。
寸法 本紙:横27.8cm 縦109cm
総丈:横34.8cm 縦170cm
付属品 棟方志功鑑定委員会シール付 箱
商品説明 青墨で堂々と揮毫された「乾坤一草堂」の一行書です。
表具は時代の古裂を使用した一文字、菊文銀欄 回し、花唐草銀欄で焼けはございますが良い状態です。