白漆地 花蒔絵香合 稲井玉甫(作) 共箱 アールヌーヴォーデザイン

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 188,000 税込

商品番号: c-3236

関連カテゴリ

  1. 蒔絵
  1. 茶道具
  1. 茶道具
  2. 香合
数量
作者 稲井玉甫
明治から昭和初期の名漆工
初代玉甫は鈴木玉船らに学び、京都漆芸の近代工芸化の流れの中にあって陶器の白釉を再現した白漆の開発に成功した。大正13(1924)年の漆器蒔絵競技会に『呉州うつし菓子鉢』を出品して2等を受賞している。
寸法 径:7.5cm 高さ:2.5cm
付属品 共箱
商品説明 長い間白漆が出来ませんでしたが開発に成功しその白漆をベースに明らかに製作年代大正から昭和初期のアールヌーボーの影響を受けたと考えられる牡丹と蓮が金地、銀地、梨地で美しくデザインされ蒔絵された素晴らしい作品です。
内側は銀地仕上げでキズ欠点なく良い状態です。