妙心寺管長 梶浦逸外老師 一行書「白雲抱幽石」 鵬雲斎箱書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 88,000 税込

商品番号: c-3353

数量
作者 梶浦逸外
明治29(1896)年ー昭和56(1981)
昭和18年臨済学院専門学校(現・花園大)学長。翌年、辞任。23年妙心山内慈雲院副住職となり、妙心寺脈に転派。44年より9年間妙心寺派管長。54年から国際臨済禅交流協会初代会長を務めた。一方、30年に正眼短大を創設、学長として後進の指導にあたったほか、妙心寺派の禅の海外布教を進めた。巨人軍の川上哲治元監督などの禅の師匠としても有名。
寸法 本紙:横30cm 縦101cm
総丈:横32.5cm 縦181cm
付属品 鵬雲斎箱書き
箱書 裏千家十五代家元
鵬雲斎宗室(玄室大宗匠)
商品説明 「白雲抱幽石」はくうんゆうせきをいだく(寒山詩)
白雲がたちこめ、岩を包み込んでいる。
人里離れた深山幽谷に住居を構え、ひとり悠然と詫びた風景を楽しむ様子を現している言葉。
梶浦逸外老師は、後藤瑞巌がん老師没後の鵬雲斎大宗匠の参禅の師でした。
表具は一文字、竹屋町裂 中回し、牡丹唐草緞子 上下、しけで僅かに糊シミが出ておりますがこのままご使用できます。