古瀬戸 凡手茶入 銘「一聲」 小堀宗慶箱書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

商品番号: c-3399

関連カテゴリ

  1. 茶道具
  1. 茶道具
  2. 茶入

時代 江戸初期頃
寸法 口径:4.8cm 胴径:6.5cm 高さ:7.2cm
付属品 小堀宗慶箱書 象牙蓋
仕服(松喰い鶴緞子・花文金襴)
箱書 小堀宗慶
(遠州流宗家 十二代家元 大正12年(1923)ー平成23年)
商品説明 瀬戸破風窯 凡手(おおよそて)の茶入です。
見えにくいですが正面に釉薬が3㎝と2㎝二筋流れておりこれを時鳥に見立てての銘と思われます。
鉄釉薬は底に近い部分で見事に止まっております。
口は広く肩はシャープでフォルムも見事です。
古い牙蓋と古い仕服が二個が備わっております。
茶入はキズなく良い状態です。
銘は「一聲」で蓋裏に「さよふけてねざめざりせばほととぎす人づてにこそきくべかりけれ」小堀宗慶花押
壬生忠見の和歌で拾遺和歌集 夏に、「天歴の御時の歌合に」とあります。