東大寺別当・管長 清水公照 一行書 「弄花香満衣」 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。

¥ 58,000 税込

商品番号: y0602

数量
作者 清水公照
1911年 - 1999年 第207世、第208世東大寺別当、華厳宗管長
昭和の大仏殿大修理を成し遂げるとともに、書画や泥仏をはじめとする陶芸作品の方でも著名
寸法 本紙:横33.8cm 縦134cm
総丈:横44.8cm 縦196cm
付属品 共箱 紙タトウ
商品説明 弄花香満衣 (花をろうずれば、香、衣に満つ)弄花香満衣は掬水月在手(水を掬すれば、月、手にあり)
と対句(「春山夜月」という詩の転結の二句)です。
表具は一文字、花唐草金襴 中回し、枝花文緞子 軸先は牙で上等な表具でシミ折れなく良い状態です。