古稀彩 柳芽茶碗 六代・六世 清水六兵衛(作) 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
¥288,000 税込
商品コード: c-3452
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 六代・六世 清水六兵衛
1901( 明治34 )から1980( 昭和55 )
五代六兵衛の長男として生まれ
1946(昭和21)六代六兵衛を襲名。京都美術工芸学校に次いで京都絵画専門学校に学ぶ
昭和2年に第8回帝展に新しく開設された工芸部門に出品、入選を果たす。
1931年・34年に特選を受賞、又審査員を歴任、戦後は日展に出品、
1957年には前年の第11回日展出品作「玄窯叢花瓶」で日本芸術院賞を受賞、
1962年に日本芸術院会員に就任、そのほか若手育成のための京都陶芸クラブ結成、
京都市立美術大学教授として後進の指導にも尽力を尽くす。
初めは、清水家伝統の作風を主としていたが、戦後、又襲名後は、六代清水六兵衛としてのオリジナリティー溢れる作品を残し、なかでも、球に近い張り詰めた形の上 に釉薬が流れることで激しい躍動感や華やかさを表した「三彩流」や、金銀彩を用いてかつてない幽玄を表現した「玄窯」などといった新技法を完成させ「玄窯叢花瓶」では芸術院賞を受賞している。
寸法 径:12cm 高さ:9cm
付属品 共箱
商品説明 古稀彩(こきさい)は、六兵衛が古稀を迎えた際、発表した絵付けの新技法で発泡性のガラス質の釉が厚く掛けられ、金銀彩や紫、赤などを施した色絵で、琳派調の秋草などを配した彩りも美しい作品です。
この茶碗も口が六岳で正面に琳派調の金銀の柳芽が3本描かれております。
使用した形跡無くキズ欠点もなく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ