近衛信尋(應山)公 色紙漢詩 「藤」 軸装

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥288,000 税込

商品コード: s-1686
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 近衛信尋 1599年~1649年
(このえ のぶひろ)は、江戸時代前期の公卿。後陽成天皇の第四皇子。官位は従一位・関白、左大臣。近衞信尹の養子となり、近衞家19代目当主となる。これにより近衞家は皇別摂家となった。
古田織部に茶の湯を学び、養父信尹の三藐院流の書を得意とした信尋は、沢庵宗彭、松花堂昭乗、金森宗和など幅広い階層との交流があり、御水尾天皇の実弟として宮廷文化を担う。
寸法 本紙:横17cm 縦19.5cm
総丈:横26.3cm 縦123cm
付属品 箱 極札
商品説明 料紙は金泥で菫などの草花が繊細に描かれ霞が引かれた上に
「惆悵春帰留不得,紫藤花下漸黄昏。(悵望す慈恩三月の尽きぬることを,紫藤の花落て鳥関々たり)(和漢朗詠集・藤・123 白居易)白居易の「三月三十日題慈恩寺」の一節です。
行く春の象徴として美しい紫藤が詠まれている詩です。
表具も上下に藤色の緞子を使用した上等な表具で良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ