ベルナール・ビュッフェ リトグラフ 「マダム・マドモアゼル」 直筆サインあり

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
¥180,000 税込
商品コード: a7462
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 ベルナール・ビュッフェ
1928年 ベルナール・ビュッフェ、7月10日パリに生まれる。
1943年 第二次大戦中、ベルナール・ビュッフェ、パリ国立高等芸術学校に入学、デッサンを習う。
1944年 ベルナール・ビュッフェ、エコール・デ・ボザールに入学。母死去。貧窮に苦しむ。美校を退学。
1945年 セーヌ・エ・オワーズ県の学友の家に滞在し、「キリストの磔刑」(パリ近代美術館蔵)など本格的な作品を制作。
1947年 ベルナール・ビュッフェ、アンデパンダン展に出品、注目され始める。サロン・ドートンヌに出品。初のベルナール・ビュッフェ個展。パリ近代美術館に作品収蔵。
1948年 ベルナール・ビュッフェ、パリで最も権威のある新人賞・批評家賞を受賞。バレー「部屋」の舞台美術を担当。ドライポイントを始める。
1959年 神奈川県立近代美術館で日本初のベルナール・ビュッフェ展「デッサンと版画」が開催。
1963年 東京、京都の国立近代美術館において「ベルナール・ビュッフェ展、その芸術の全貌」開催。
1971年 ベルナール・ビュッフェ、レジオン・ドヌール勲章を受章。
1973年 静岡県に「ベルナール・ビュッフェ美術館」誕生。
1974年 バチカン法王庁美術館のアパルタメント・ボルジャに現代美術コレクションの一部として大作8点が収蔵される。フランス・アカデミー会員となる。
1980年 ベルナール・ビュッフェ初来日。
1991年 ロシアのプーシキン、エルミタージュの両美術館で回顧展。
1999年 フランス南部、トゥルトゥールの自宅にて死去。
寸法 イメージサイズ 縦:67cm 横:47.5cm
額寸 縦:93cm 横:71.5cm
付属品 額装 箱
商品説明 ベルナール・ビュッフェ 大判 リトグラフ 「マダム・マドモアゼル」 です。
ビュッフェは第二次世界大戦後の具象絵画の代表的な画家のひとりです。日本でも数多く展覧会が開催され、その人気は高まりを見せています。
本紙マージン下部に直筆サイン、エディションナンバーの記入有(80/120)
本紙にヤケ、シミなどなくコンディションは良好です。
額も新調しており良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ