掛軸 山田介堂 絹本縦幅 「芦隠荘詩画」 共箱 大正11年作

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
¥98,000 税込
商品コード: s-1718
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 山田介堂
やまだ-かいどう (1869-1924)
明治-大正時代の日本画家。
明治2年福井丸岡生まれ。各地を遊歴し,富岡鉄斎,細谷立斎,平野五岳らにまなぶ。文展で受賞をかさね,大正10年田近竹邨(ちくそん),池田桂仙らと日本南画院を創立した。
大正13年56歳没。本名は巳三郎。別号に隻玉道人。
作品に「清渓漁隠」など。
寸法 本紙:横27.7cm 縦101.5cm
総丈:横39.3cm 縦170cm
付属品 共箱
商品説明 山田介堂作の絹本に描かれた芦隠荘詩画です。
最晩年の大正11年夏芦原で描いたと書いております。
表具は一文字、中回しとも金襴で軸先は牙の上等な表具です。
僅かに糊シミが出ております。

すべての商品はこちら

ページトップへ