呉須赤絵金彩小鉢 十二代 永楽和全(作) 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥68,000 税込

商品コード: c-2990
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 十二代 永楽和全
1823-1896
幕末-明治時代の陶工
千家十職の一つ、土風炉師・善五郎の十二代である
文政6年生。永楽保全の長男。嘉永(かえい)5年京都御室(おむろ)にあった野々村仁清(にんせい)の窯を再興慶応のころ加賀(石川県)大聖寺(だいしょうじ)藩にまねかれ山代窯で九谷焼を指導
維新後は愛知県岡崎で岡崎永楽とよばれる磁器を製作
晩年は京都下河原に菊渓窯を開窯
金襴手(きんらんで),古赤絵写し,青磁、交趾などにすぐれていた
寸法 径:14.2cm 高さ:7.5cm
付属品 共箱
商品説明 明時代末に中国で焼かれた呉須赤絵を彷彿とさせる柔らかい筆致、色合い共に秀逸な一品です。
外側には丸文に金彩が施され、品格が漂います。
高台内に銘「永楽」の印が捺されております。
キズ等なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ