高村光雲 ブロンズ製 大黒天像 大正2年作

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥128,000 税込

商品コード: x-1258
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 高村光雲
1852年(嘉永5年) - 1934年(昭和9年))
日本の仏師、彫刻家。
幼名は光蔵。高村光太郎、高村豊周は息子。写真家の高村規は孫。
仏師高村東雲に師事。東美校教授となり多くの後進を育成。西洋彫刻の写実性を取り入れ彫刻の近代化に尽した。帝室技芸員会員・帝国美術院会員
寸法 幅:縦8.5cm 横10cm
最大高さ:19.8cm(小槌まで)
重量:2.1kg
付属品 桐箱
商品説明 高村光雲原型のブロンズ大黒天像です。
柔和で品格高いお顔で細部まで素晴らしい出来です。
博文館 創業二十五周年記念として大正2年にごく少量製作された品です。
背面の衣のところに「光雲作」と銘が入っております。

「博文館」 は明治20年(1887)に、大橋佐平(1835 - 1901)が創業した出版社。『太陽』『少年世界』『文藝倶楽部』などの大衆向け雑誌を創刊し、大いに業績を伸ばした。長男の新太郎(1863 - 1944)が経営を引き継ぐと、製作から販売までを掌握する総合的な出版社に発展し、30年代(1897 - 1906)には博文館王国を築いた。清水晴風著『東京名物百人一首』明治40年8月「博文館」より抜粋

すべての商品はこちら

ページトップへ