古瀬戸 藤四郎茶入 銘「春山」 小堀権十郎(篷雪)箱書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
¥880,000 税込
商品コード: c-3528
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
箱書 小掘政尹・権十郎・篷雪
1625-1694
江戸時代前期の武士茶人。
寛永2年生まれ。小堀遠州の3男。兄正之(まさゆき)から1000石を分与される。父に茶道,書をまなぶ。山水画や陶芸にもすぐれた。狂歌師の半井卜養(なからい-ぼくよう)と親交があった。
元禄(げんろく)7年8月4日死去。70歳。
通称は権十郎。号は篷雪。
寸法 口径:3.7cm 胴径:6.3cm 高さ:8.5cm
付属品 内箱 仕服2 外箱2
商品説明 轆轤目がうっすらと見え渋い喝釉が裾まで掛かり肩が張り胴がわずかにすぼまり緊張感を出しております。
土も茶色の部分と褐色の部分があり景色となっております。
ほとんどわかりませんが口の縁に修復跡がございます。
蓋は巣がわずかに見えた上品な牙蓋です。
仕服は時代の花唐草金襴と雲紋緞子が備わっております。
内箱は遠州箱で蓋表に「春山」、蓋裏に「ふかくたつ霞のしたにほのめきて朝日にもれる春の山のは」
中箱は一木の桐材からスライスした6枚を組み合わせて使用した贅沢な箱で蓋表に藤四郎、春山、蓋裏に古筆家十代の了伴の極めが貼られております。
外箱は底に利斎の印が捺されております。

すべての商品はこちら

ページトップへ