地釉象嵌縄文茶碗 島岡達三(作) 共箱 人間国宝

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥88,000 税込

商品コード: c-3549
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 島岡達三
(しまおか たつぞう、1919年(大正8)- 2007年)
陶芸家。
師は、浜田庄司。浜田庄司にまなび,昭和28年栃木県益子(ましこ)に窯をひらき独立。
組みひもをころがした器面の押しあとに化粧土をうめる縄文象眼(ぞうがん)技法を確立し,平成8年人間国宝。
平成19年没。88歳
寸法 径:12cm 高さ:10.5cm
付属品 共箱 しおり
商品説明 胴をくびれさせ紐(胴紐)を廻して縄文象嵌で化粧した珍しい大振りの茶碗です。
高台脇に「タ」の陶印が捺されております。
未使用でキズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ