狩野伊川院 「富士山」 狩野晴川院 「江の島」 合作 絹本縦幅

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥238,000 税込

商品コード: s-1709
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 狩野栄信 伊川院
(かのう ながのぶ、安永4年(1775年) - 文政11年(1828年)
木挽町家狩野派8代目の絵師
狩野派近世の名手で、のち法印に進み、伊川院と称した。

狩野養信 晴川院
(かのう おさのぶ、1796年(寛政8年) - 1846年(弘化3年))
奥絵師である江戸木挽町狩野家9代目で、 狩野栄信の長男
寸法 本紙(絹本):横30cm 縦81.5cm
総丈:横42.2cm 縦170cm
付属品 桐箱
商品説明 狩野伊川院が「富士山」を描き狩野晴川院が「江の島」を描いた親子合作の軸です。
富士は墨絵で江の島は淡彩で品よく描かれた作品です。
江の島の江戸末頃の様子が解る図です。
表具は一文字、金襴 中回し、花唐草緞子の品良く良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ