陶盃 ぐい吞 加藤土師萌(作) 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥78,000 税込

商品コード: c-3550
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 加藤土師萌

▽作家略歴
1900年 愛知県瀬戸市に生まれる
1914年 愛知県窯業学校助手を務め、陶磁器図案を習得
1926年 岐阜県陶磁器試験場勤務、研究と作陶を行う
1927年 第8回帝展入選
1937年 パリ万博にてグランプリ受賞
1940年 横浜市日吉に築窯、独立。中国 明時代の黄地紅彩を復元。金襴手、釉裏金彩、青白磁などを研究
1951年 黄地紅彩の技法が無形文化財に指定される
1955年 東京芸術大学教授に就任
1959年 ブリュッセル万国博にてグランプリ受賞
1961年 重要無形文化財保持者として認定される
1966年 日本工芸会理事長就任
1967年 東京芸術大学名誉教授となる。紫綬褒章授章
1968年 肝臓癌のため死去。勲三等瑞宝章受章
寸法 径:5.3cm 高さ:3.5cm
付属品 共箱
商品説明 柔らかな粉引釉に鉄釉薬でストライプを施した小振りなぐい呑みです。
高台内に「土」の陶印が捺されております。
7の張り札は個展時の番号です。
未使用でキズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ