萩焼 ぐい吞 吉賀大眉(作) 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥18,000 税込

商品コード: c-3555
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 吉賀大眉
1915(大正4)~1991(平成3)。
萩焼。山口県出身。文化功労賞。芸術院会員。日展常任理事。
江戸時代後期に長州藩が奨励した磁器の小畑焼の窯元吉賀要作の長男として生まれる。
小畑窯衰退後は、萩焼の窯として再興し、寿男(大眉)がその後を継承。萩の土と白釉の貴重を基本とした大眉様式を樹立し、「大眉井戸」と呼ばれる井戸茶碗を創作し、昭和45年には、芸術院賞を受賞する。
寸法 径:6.3㎝ 高さ:5.8cm
付属品 共箱
商品説明 丁度良い大きさで手に馴染みます。
高台脇に陶印が彫られております。
未使用でキズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ