分銅亀香合 了入(作) 江戸千家八代一元斎箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥288,000 税込

商品コード: c-3556
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 九代 了入
(宝暦6(1756年)-天保5(1834年))
七代次男。「三代以来の名工」とされ、へら削りの巧みな造形に特徴がある。文政8年に近江国石山に隠棲し、悠々自適の生涯を送った楽中興の祖とも”のんこう”の再来とも言われる
寸法 幅:縦5.7cm 横4.3cm 高さ:4.2cm
付属品 江戸千家八代一元斎箱 
八代 一元斎不白一八八四~一九四四 六十一歳没
商品説明 形物香合の分銅亀香合を九代 了入が製作した作品です。
箱書は江戸千家八代一元斎宗匠で蓋裏に花押が入っております。
底に隠居してからの草楽印が捺されております。
キズ欠点なく良い状態です。
形物香合番付では交趾 東、一段目前頭です。

すべての商品はこちら

ページトップへ