小堀宗圓好 大徳寺孤篷庵忘筌席 唐紙張風炉先屏風 箱書付

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥158,000 税込

商品コード: c-3560
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
寸法 幅:93.8cm
高:67.8cm
付属品 小堀宗圓箱書板 布タトウ
紙箱 パンフレット
商品説明 「大徳寺孤篷庵忘筌席の本床脇の壁の上部は吹き抜けになっており、その下半分に唐紙の料紙を両面に張回した襖が嵌め込まれており、点前座の風炉先窓の代わりとされております。
この度、この唐紙張りの部分に少し私の好みを施しまして、風炉先屏風に仕立ててみましたところ、遠州の趣あふれるとても良い道具に仕上がりました。
小堀遠州流十六代家元 小堀宗圓」

この風炉先屏風の本体は、復元された遠州好みの京唐紙を両面に張り巡らし、縁には丈夫で狂いの少ない南洋桜の材を使用いたしました。角の部分は角木瓜に仕上げ面取りを施しており、拭き漆調の仕上げとなっております。
またこの風炉先の丁番部分は紐丁番になっておりますので、逆勝手の際など両面をお使い頂けます。

すべての商品はこちら

ページトップへ