天明霰釜 碌々斎箱書 十三代 大西清右衛門(孝信)・長野烈極書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥1,180,000 税込

商品コード: c-3572
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
箱書 極書 箱書:
表千家十一代十一代 碌々斎  瑞翁宗左
天保八年(1837年) ― 明治四十三年(1910年)
幕末から文明開化の幕開けとなった明治維新の激動時、古格 没落の危機を乗り越え現代茶道への流れを築いた。

極書:
十三代 大西清右衛門(孝信)
十三代 大西清右衛門(浄長)
慶応2年ー昭和18年 大正6年極書

長野烈 1945年生 初代長野垤志に師事
寸法 口径:15.5cm 胴径:21.5cm
耳から耳までの幅:24.3cm
高さ:21.3cm(上蓋ツマミ含む)
付属品 碌々斎箱書 十三代 大西清右衛門(孝信)・長野烈極書
商品説明 桃山から江戸初期にかけての天明霰広口釜です。
古格のある霰が口から羽落ちまで打たれ、所々霰の抜けがあり雅味となっております。
鐶付は鬼面で穴が大きく出来ております。
古い蓋が備わっております。
風炉にも炉にもご使用できる釜です。
天明の釜は数少ない釜です。
和鉄の釜は何百年も使用出来、お湯が美味しくいただけます。

すべての商品はこちら

ページトップへ