犬養木堂 漢詩七絶 三行書

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥98,000 税込

商品コード: s-1730
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 犬養 毅
(いぬかい つよし1855年〈安政2年〉- 1932年〈昭和7年〉)
日本の政治家。位階は正二位。勲等は勲一等。
通称は仙次郎。号は木堂、子遠。

中国進歩党代表者、立憲国民党総理、革新倶楽部代表者、立憲政友会総裁(第6代)、文部大臣(第13・31代)、逓信大臣(第27・29代)、内閣総理大臣(第29代)、外務大臣(第45代)、内務大臣(第50代)などを歴任した。
寸法 本紙:横45cm 縦172.5cm
総丈:横60.3cm 縦203cm
付属品 桐箱 塗箱
商品説明 堂々とした大きさで書は実に伸びやかで上等な軸装です。
詩は「桃花源上蝶飛々、忘却漁郎〇欲帰、雲白山青一回首、落紅如雨點春衣」

桃花源には蝶が飛ぶことして舞い遊んでいる。漁師が歓待されて帰る事を忘れて数日逗留していた、帰途について首を回らせば白雲たなびく青山静かに横っているばかりであるか夢中で廻らした、漁師が両岸に咲き乱れて桃の花が落花ひらひらと降りかかっている。
表具は豪華な牡丹唐草金襴を全面に回し、軸先は牙の上等な表具です。

すべての商品はこちら

ページトップへ