エミール・ガレ スミレ文 被せガラス 酸化腐食彫 花瓶 一輪挿し 1900年代初頭

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥248,000 税込

商品コード: t-1355
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 Emile Galle ガレ
寸法 口径:3.7cm 胴径:5.8cm 高さ:12.8cm
付属品 布箱
商品説明 1900年初頭に製作された エミール・ガレの作品。
美しいスミレ文の一輪挿しでございます。

アールヌーヴォー期を代表するガラス作家エミール・ガレ。
植物学者でもあったガレは、自然からインスピレーションを得て精緻で写実性の高い造形を追求しました。

黄色のガラスに紫系のガラスを被せ、風になびくスミレの花の可憐な姿を腐食エッチングで浮き彫りにしています。
小振りでキャビネットにも飾れるサイズで、下部には“Galle”とサインが陽刻されています。

細かなスレが見られますが、コンディションは良好でございます。

すべての商品はこちら

ページトップへ