御所車春秋草花蒔絵棗 内銀地 一瓢斎(作) 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥138,000 税込

商品コード: c-3575
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 一瓢斎
(一瓢栄造・いっぴょうえいぞう)
京都の蒔絵師で代々続く家柄。特に棗を中心に製作する。
寸法 径:7.3cm 高さ:7.3cm
付属品 共箱
商品説明 外側は真塗地に甲には高蒔絵で御所車が蒔絵されております。
車輪の部分は金の板が貼られ、本体の部分には金の切り金が1枚づつ置かれ御簾の部分は極細の線で蒔絵されております。
側面の春の草花はスミレ、タンポポ、土筆、スギナ、アカツメクサ、秋の草花は菊、桔梗、女郎花、撫子、萩が梨地、切り金を使用して繊細に美しく蒔絵されております。
内側と底は落ち着いた銀地となっております。
良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ