板文庫 菊に流水蒔絵 裏梨地 硯箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥338,000 税込

商品コード: m-1303
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 不明
寸法 幅:縦25.8cm 横21.3cm 厚さ:8mm
付属品 桐箱
商品説明 板文庫とは、近世のおもに公家が用いた草子挟みの一種で、2枚の板で冊子を挟み、組紐で結ぶようになっているのが一般的である。この板文庫はさらに硯箱の機能を備えたもので、小振りな上の板上に硯・筆・墨・水滴・刀子・錐を配置して使用します。
また小型の硯箱を挟んでの使用も致します。
この板文庫は菊は研ぎ出し蒔絵で梨地を散し、岩は高蒔絵で切金を1枚づつ丁寧に配し、流水は細い線で描き周りを色々な切り金で蒔絵しております。
板の四方の面は金地で裏は梨地で仕上げた豪華な板文庫です。

すべての商品はこちら

ページトップへ