ノンコウ形 柚子味噌皿 向付 5客 楽家九代了入(作) 共箱

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥288,000 税込

商品コード: c-3511
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 楽家 九代 了入
1756年(宝暦6年)~1834年(天保5年)

兄の得入が病弱なために25歳で隠居したため1770年(明和7年)9代 楽吉左衛門を襲名
父・長入に師事する
1811年(文化8年)剃髪し、隠居をする
了々斎宗左から「了」の一字を贈られ、了入と号する
1819年(文政2年)に息子である旦入と紀州徳川家御庭焼に従事する
楽家中興の名工と称される
寸法 径:13.3cm 高さ:5.8cm
付属品 共箱
商品説明 柚子味噌皿というのは、向付として作られたもので千宗旦が一入に好みの向付を作らせた柚子味噌皿がはじまりで 伝統的に樂家代々に伝わった形です。
色彩や形状の侘びは懐石でも重要なアイテムです。
印は了入の中印で火事後の34歳から56歳まで使用した印です。
1客の縁の下部にわずかに釉薬のそげがありますが基本的に無傷でとても良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ