玉杢、葡萄杢硯箱 唐木細工師 阿達祥山(作) 端渓硯 銀水滴付

この商品を直接ご覧になりたい場合は必ずご来店前にお電話かお問い合わせフォームにてご予約の上、ご来店頂きますようお願いいたします。
 

¥228,000 税込

商品コード: s-1735
関連カテゴリ
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む
作者 阿達祥山
小川悠山と並び評された唐木細工師
北魚沼郡小出町に生まれる。
長岡に出て小川悠山の門に入り修業、後に大阪の竹村師に師事、繊細な小工芸品を好くし活躍する。
岩城柏、湯本靖山等多くの弟子を輩出。
昭和20年長岡戦災のため新潟市に移住
昭和30年頃80歳で没
寸法 硯:幅:縦13.5cm 横7.2cm 厚さ:2cm
水滴:縦3.3cm 横4.8cm  厚さ:1.6cm 重量:34g
硯箱:縦24cm 横18cm 厚さ:5.3cm
付属品 なし
商品説明 見事な玉杢、葡萄杢の無垢材使用して製作された硯箱です。
縁も見事な紫檀が嵌め込まれております。
龍の彫に眼が入った端渓の硯が入り、銀の水滴が備わっております。
共箱は失われておりますがキズ欠点なく良い状態です。

すべての商品はこちら

ページトップへ